大容量ID-POSデータ高速MD分析クラウドシステムツール

Power-ID (パワーアイディー)

大容量ID-POSデータの運用効率を飛躍的に向上させる分析ツール!!
より安く・より早く・より柔軟に

月額料金1IDが6,000円 マニュアルいらずの使い易さ!

食品スーパーの営業企画MD企画作りの根拠になる数字がすぐに見えることで、企画の成功率がグ~ンとアップ!!

ビッグデータをクラウドでより快適に
ID-POSデータ高速分析ツール

Power-ID

お客様の声
  • 今までシステム部に依頼して時間がかかっていたものが、自分でいつでもすぐに取り出せるので大変助かっています。
  • 操作を覚えるのに1時間。マニュアルも見なくて出来ました。
  • 困った時にはサービスセンターが対応してくれて大変助かっています!
  • 自分で企画した売場の反応が、数字ですぐに確認できるので楽しいです!毎日使っています、
  • これは、現場の営業企画担当者のことがよく解った人がつくったものでしょうね。とても使い易いです!
  • 企画作りには欠かせませんね。これで出した数字があれば企画の根拠を説明できるし、反応が悪かったのも、どこが悪かったのかがよくわかり、次の企画の糧となります。勘でやっていたころにはもどれませんね。
  • あったらいいなと思うものにびったり一致!今、これが無くては、何もできません。

「MDプランナー」の現場考案で開発されたシステム

・システムの知識不要MDプランナーやマーケティング担当の実務指向で考案・開発。売場はアイコンで表現。マウス操作で簡単に処理が可能です。

今まで情報システム部門に依頼をかけていたデータ処理は、即座に自ら簡単に引き出せます。

データ圧縮処理で高速処理を実現

・食品スーパー130店舗分析処理例

会員数110万人、データ保存期間26か月、POSレシート明細行15億件のデータが、使用サーバー1基、40GBのメインメモリーにて蓄積処理

高度の処理能力を有するバスケット分析においても数十秒で処理を可能に致しました。

低コストで嬉しいクラウド型サービス

・自前のパソコンとネット環境があれば、導入から稼働まで約1ヶ月です。わずかな初期投資と月額費用でお使いいただけます

ID-POS 高速分析ツール Power-ID 誕生秘話

食品スーパー様のID-POSデータ分析を社内の誰でも簡単に使えるように作ったもの。

アイディーズ取締役 広報 長濱瑞江

アイディーズの主な業務は食品スーパーの販促プロモーションから始まり、より良い提案や結果検証をする為にとことんデータを分析しました。2002年から私も現場でやって、最初はexcelやAccessを使っての手作業でほんとに大変でした。

徐々に仕事量も増えエンジニアに分析を依頼するようになったのですが、思うようなのが出せず、何度でもやり直してもらううちに「もう自分でやって!」となるわけです(笑)しかし、自分でやっても難しすぎて・・・

クライアントの数も増え、多くの人からエンジニアに分析依頼が集中して「もう誰でもすぐに出来るようにシステムを作ったから自分でやって!」となったわけです。

自分でやると、気にせず何度でも納得いくまで分析のやり直しができていい仕事が出来ます。何より数字が頭に入っていくのでクライアントへの説明も楽しい。それに、ホントに新人でもすぐに使えるほど操作が簡単に作ってある!

すると社長が「これならスーパーの現場の営業企画やメーカーの営業担当者でもすぐに使えるのでみんなに使ってもらおう!」ということになって・・・

最初はみんな反対しました。「そんなことをしたら誰でも出来るようになって仕事がなくなる」って(笑)

しかし、「大丈夫!自分で簡単に分析出来るようになるからこそ、課題も見えてくる。誰かが持ってきた数字ではなく、自分が求めた数字だからこそ課題に対して改善したくなるはず。アイディーズは長年の経験でアドバイスも出来るし、課題解決ができる販促プロモーションもある。分析は自分でやってもらい次のステップに行くべきだ。」となり、発売することに。

PowerIDは食品スーパーの営業企画・販促企画・MD企画への提案向けにできており、多くの現場担当者の「こんなのができたらいいな!」という意見を集めて完成したツールなので、現場担当者の視たい数字が簡単に出せるようになっています。また、社内用に開発したものなのでこの価格で使っていただくことが出来るんです。

最初の心配をよそに、実際現場で毎日使っている方のほうが、毎月定例会議に参加してほしいとか、販促プロモーションを何のために今やるのかを共有出来たり、繋がりも深くなって、店舗の業績もどんどん伸びており嬉しいです!

データ分析を請け負う会社は沢山ありますが、やはり現場にいる人が自分で分析するのが一番ですね。何度でも納得できるまで出来ますから。そして自分のお店に合ったやり方を見つける方がいい。私たちはそのサポートをしっかりさせて頂きます。

近頃ではどこの企業でもPOSデータ管理用に多額の費用をかけシステム化されています。しかしデータ管理システムは営業企画やMD企画用ではないので自社のシステム部に依頼し数字が出るにはものすごく時間がかかるし、思ったようなのが出てこないのは仕方ありません。システム追加をしようとすると数千万はかかってしまいます。分析用にデータを毎回渡すのもシステムの手間がかかります。

このPowerIDはクラウドで利用でき、最初設定するといつでもリアルタイムにデータを見ることが出来ます。システム担当者に負担がかからないのもいいですね。

今では多くの企業にご利用頂いています。もっと多くの人にPowerIDを知ってもらい、活用していただきたいですね。データ分析はあくまでも入口。そこからどうやって売上・利益を伸ばしていくかの戦略・企画を導き出すことが大切。私たちは今後もそういった企業様のお役に立てるよう、日々経験を積んでいきたいと思っています。

弊社は日本で初めてショッパーマーケティングに取組んだ会社です

ショッパー(購買者)の視点でMD計画を行うために食材を購入する先に“料理・レシピ”を想定する「バスケット分析」は必須でした。その当時に日本のシステム会社が提供する仕組みは、弊社の要求とは遠く掛離れていました。

そこで弊社の「MDプランナー」の考案でMD業務処理をより効率的、迅速、柔軟に行えるために、自社開発に取組み、生まれたのが「Power ID」です。

日本最大のクラウド型MD分析ツールPowerID

【導入実績:2015年6月現在】

食品スーパー  42社  食品メーカー 430社

 

お客さまの声

流通小売業 北関東 スーパーマーケット 営業企画部長 導入4年目

導入目的「”勘”にたよる企画作り・売場づくりからの脱却をめざす」

■『あったらいいな』と思っていたものにピッタリ一致!すぐに導入しました。今これがなかったら何もできません。

前職では常にPOSデータを見る事ができる環境がありましたが、ここではデータもなく、7年間は何の根拠もないまま“勘”だけで企画を作り沢山の失敗をしました。4年前にアイディーズのID-POSデータ分析クラウドツールのPower IDを導入してからは、データで裏付けされた企画を作ることができ、失敗が少なくなりました。また失敗しても、何がいけなかったのか、誰がどんな反応だったのかが分析できて、次の企画の糧となります。導入前の沢山の失敗例があるので今があります。今は怖いくらいうまくいって数字もかなり伸びています。もう前の環境にはもどれませんね。Power ID無では全く何もできません。

Power IDは、営業や企画担当者の為に開発されたツール

こういうデータ分析ツールは他にも沢山見てきましたが、システム担当者の為のシステムがほとんどです。営業担当者が企画を作る為に、「こういうデータが見たい」「こういう分析がしたい」というものが、システムに頼まなくても自分でパッと作れ、すぐに様々な集計データが出る。想像力が掻き立てられて、いつも夢中になります。とても単純にできていて操作も簡単で5分で覚えられ、マニュアルも不要です。現場の担当者が何がほしいかを熟知した人が作ったのだろうと思いました。

■営業企画を成功させるには、店舗の企画担当者が自ら作り主体となり責任を持つことが大事

他から提案された企画をそのままやっても絶対うまくいきません。一番大事なのは自分が主体性を持って、自分自ら考え仮説を立て数字を頭に入れることです。自分で作るからこそ自信となり、成功したときの喜びは大きくやりがいも生まれます。しかし、いくらデータがあっても自分一人の力には限界があり、いろいろなところからアイディアをもらいながら作っています。そして自分で考えたものをアイディーズにサポートしてもらうことでうまくいく。社内で企画を上げる時も、アイディーズのデータに裏打ちされた根拠があるので説得力が生まれ、今ではID-POSデータ分析の重要性が社内に浸透しています。

お気軽にお問い合わせください

受付時間/9:00~18:00
(土日祝日除く)

お電話でのお問合せはこちら

045-210-0739

株式会社アイディーズ 東日本支店/営業統括本部

サービスエリア:全国/北海道、東北、北陸、関東、東海、中部、関西、中国、四国、九州・沖縄  海外/台湾